脂肪吸引の費用を調べて施術を受けよう【気軽にダイエット】

diet
  1. ホーム
  2. 施術後の様子を知る

施術後の様子を知る

ウエスト

脂肪吸引をした後の様子

美容外科で脂肪吸引の施術を受けた後はしばらく安静にしないといけませんが、施術当日は患部が腫れ上がって赤くなっていることが多く、更に人によっては激しい痛みが発生することもあります。痛みは鎮痛剤で緩和することが可能ですが、腫れや赤みなどの見た目はどうすることもできないので、外出をする場合は患部を隠さなければならないでしょう。必ず外出をしなければいけない状況でなければ、なるべく外出を控えて患部の状態が正常に治まるまで安静にするのが一番でしょう。1日目は患部の腫れなどが酷いですが、二日目から三日目になると少し症状が治まっていきます。顔の脂肪吸引をしたときは食事のときに痛みを感じることもありますが、施術してから日が浅い間は我慢をするようにしましょう。また買い物などで外出が必要になるときはマスクが必須なので、マスクを用意しておくことも忘れないようにしてください。一週間を経つとむくみや腫れが徐々に引いてくるため、人によってはマスクをすることや服で患部を隠さなくても特に問題なくなります。二週間もすると脂肪吸引の施術効果を実感することができるようになりますが、個人差もあるためまだ効果があまり実感出来ない人もいます。一ヶ月過ぎても施術の効果がよく分からなければ医師に相談をしてみるのが良いでしょう。また脂肪吸引をすると費用がかかるため、自分の予算に合わせた施術を受けることが大切なので予め費用についても知識を深めておくようにしてください。基本的に一括払いでの支払いが多いですが、どうしても一度で支払うのが難しい場合は費用を分割して支払いをすることも可能です。美容外科によって分割での支払いができるところと出来ないところがあるので、費用を分割して支払いたいならそのサービスに対応している美容外科を探しておきましょう。脂肪吸引にかかる費用が高いからといって必ず施術が成功するとは限りません。脂肪吸引にもある程度のリスクがあるため、リスクも理解した上で脂肪吸引の施術を受けるようにしましょう。

リスクが多い施術

脂肪吸引ではメスを使った施術が多く、メスを使わない施術に比べて施術効果が高いといわれています。ですが身体を直接メスで切ることになるため、空気中に浮遊している悪性の菌が身体の中に入り込んで感染症を引き起こしてしまうことがあります。また医師の腕によっては施術中に大量出血をして命に関わる重大なことになる可能性もあるため、脂肪吸引は慎重に検討しなければなりません。少しでもリスクを減らしたいならメスを使わない脂肪吸引の施術法を選択しましょう。脂肪溶解注射ならメスを入れることなく注射を打つだけなので気軽にできるといえます。また注射の注入も15分ほどで完了するため、その後はすぐに帰宅することができるでしょう。メスを使う脂肪吸引よりも時間がかからず費用負担も少ないため、手軽に脂肪吸引をしたい人は注射を選択することが多いです。脂肪細胞を少なくすることでダイエット効果を得て女性らしい身体を取り戻すことができることから、近年、脂肪吸引の施術をする人が増えてきています。また昔に比べて医療も進化していることから安全性も高くなっているのです。最新機器を導入している美容外科も増えてきているので、これから脂肪吸引の施術を受けようと検討している方は、まず美容外科について調べてからどこで施術を受けるのかを決定しましょう。施術に対して不安や疑問を抱いている人はカウンセリングを受けて医師に質問をしてみてください。また美容外科へ行くのに抵抗があるという方は、インターネットの口コミサイトなどを見て実際に脂肪吸引施術を受けた人たちの感想を参考にしてみるのも良いでしょう。