脂肪吸引の費用を調べて施術を受けよう【気軽にダイエット】

邪魔な脂肪から解放されよう

施術後の様子を知る

ウエスト

脂肪吸引をすれば痩せることが可能ですが、その分身体にも負担が大きくリスクを伴いやすいです。メスを使う施術とともに注射による脂肪吸引術も人気があり、費用も安いことから受ける人が増えています。

施術をした時の効果を知る

ビフォーアフター

脂肪吸引なら簡単に痩せることができますが、生活習慣を改善しなければリバウンドの可能性も高いです。費用が高いため何回も受けることは難しいでしょう。そのため一回の施術で体型を維持できるよう努力してください。

施術について詳しく知る

美容整形

なぜ脂肪がついてしまうのか

日頃からダラダラした生活をしていると身体の代謝が悪くなり、身体の中に脂肪を蓄積させてしまいます。私達の身体の中には脂肪細胞がありますが、脂肪細胞自体の数は決まっています。脂肪細胞の数は増えずに脂肪細胞1つ1つが大きくなってしまうことから肥満体になってしまうのです。一度太った身体を痩せるためにはこの脂肪細胞の大きさを小さくしていく努力をしなければなりません。通常のダイエットで痩せることはできても脂肪細胞の数自体を減らすことは不可能です。代謝がアップすることで脂肪細胞を小さくすることはできますが、根本的な問題解決をしたいなら脂肪細胞の数を減少できる脂肪吸引の施術を行ないましょう。日本全国に多く展開されている美容外科では脂肪吸引の施術が展開されていますが、手軽にできる1日脂肪取りの施術も多くの人から人気を呼んでいます。1日脂肪取りとはその名の通り1日で全ての施術を終えることのできるメニューなので、短時間で脂肪吸引をしたい人にとっては最適な施術といえるでしょう。脂肪吸引の施術では主にカニューレという管が使用されて不要な脂肪細胞を吸引していきますが、施術中は麻酔がかかるため全く痛みを感じることなく施術を受けることができるでしょう。ですが脂肪吸引の施術後はダウンタイムがあるので、なるべくしばらくは安静にしなければなりません。施術をした箇所は基本的に腫れてしまうので、顔ならマスクをして隠し、足ならゆとりのあるボトムスやスカートなどで患部を隠して日常生活を送ることができるでしょう。社会人ならなかなか長期休みをもらうことが難しいですが、脂肪吸引施術に合わせて有給取得をしておけば長期間休むことも可能なので、計画的に脂肪吸引の施術を検討するようにしましょう。全身ではなく部分的な脂肪吸引ならダウンタイムの期間も短いのですぐ日常生活に戻ることができます。長期で休みをもらうのが難しい場合は部分的に施術をしていくのが良いでしょう。また全身の脂肪吸引施術をするよりも部分的な脂肪吸引の方が費用も安く抑えることができます。

自由診療なので高い

基本的に美容外科で行なわれる脂肪吸引施術は保険が適用されず自由診療となるので費用が高額になることが多いです。脂肪吸引の費用といっても美容外科によって値段設定が異なりますが、ある程度費用の相場が決まっているので、これから脂肪吸引の施術を検討している方は費用について把握しておくと今後の参考にすることができるでしょう。脂肪吸引にはボディジェットやスマートリポレーザーなどの施術方法から選択することができますが、その施術法によっても値段が大きく異なります。またお腹や顔、お尻や二の腕など部位ごとによって費用が違うため、脂肪吸引施術を受ける前のカウンセリングのときに医師へ相談して費用の確認をしておきましょう。大まかな費用の目安を教えてくれるので、それを参考に脂肪吸引を受けるか否かの選択をしてください。吸引量が多ければ多いほど費用が高くなり、40万円から100万円ほどと値段も大きな差があります。特にお腹は脂肪が多い箇所とされるため、吸引量が多くなりがちです。脂肪吸引の施術を受ける患者によって吸引量が異なり、それに応じて費用も上限するでしょう。美容外科で受けることのできる脂肪吸引施術にかかる料金は、手術代だけではなく麻酔や術後のアフターケアなども費用の一部として含まれていることが多いです。ですが美容外科によっては施術費用とアフターケアの費用は別途ということもあるので、事前に医師へ確認をしておくことが大切です。医師とのカウンセリングは必ずあるので、カウンセリングの時に必ず施術の方法や流れ、費用総額の最終確認をして納得できる施術を受けましょう。

施術法が異なる

カウンセリング

脂肪吸引は切る方法と切らない施術に分けられています。それぞれ特徴があるので理解した上で施術を検討してください。また施術の方法によって費用も大きく変わるので、費用もその都度確認してください。